×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

防水 デジカメ

Image Replacement

防水デジカメ スポンサード

防水デジカメは、水という精密機器であるデジカメのデメリット克服した唯一のデジカメです。防水デジカメであれば、雨降ろうが、海中やプールの中でも通常のデジカメでは過酷な環境では使いづらかった海や川、山などのレジャーシーンでも、のチャンスが訪れます。今まではデジカメの水ぬれが怖くて使えないといった環境でも気にすることなく撮影が楽しめます。でも多種多用な防水デジカメが発売されていますから、購入前の参考サイトとして是非ご利用ください。

Panasonic 防水
デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) FT1 サンライズオレン
OLYMPUS 防水デジ
タルカメラ μ1030SW (ミュー) メタルシルバー μ1030S

防水デジカメではない通常のデジカメ

防水デジカメがアウトドアシーンで注目を集めています。
従来主流だったフィルムカメラも世代交代が完全に終り、一般のカメラユーザーの主流は
デジカメに移行しました。 デジカメはメモリーカードの容量を変えるだけで数千枚もの
画像が保存でき、液晶画面で画像を検索しその場での消去や加工もお手のものです。また
デジカメはパソコンへのデータ通信が容易に行なえるので、パソコンにて画像保存ができ
また編集やプリントもできます。

デジカメは現代のデジタル化した世界では、なくてはいけない必須アイテムになりました。

しかしデジカメの機能が進化してもデジカメは精密機器です。
精密機器である以上は水に弱く、防塵・耐衝撃性にも劣るというデメリットがあります。
天候の良い日や屋内では何も気兼ねすることなく使用できるのですが、アウトドアシーン
でのデジカメはカメラ本体に注意をはらいながらの撮影を余儀なくされています。

■雨天のアウトドアでは、デジカメが濡れてしまわないように注意が必要
■海辺やプールの撮影では水しぶきが掛からないように気を使います
■砂浜では、砂がデジカメ本体に付かないように撮影しないといけません
■運動会の校庭に巻き上がる砂ホコリもデジカメには向きません
■コンパクトであるが故に落としやすいという欠点もあります



従来のデジカメは精密機器であるために、撮影環境をいつも気にしながら取り扱わなくて
はいけないというリスクが付きまといます。たった数枚の画像を撮るために1台数万円もす
るデジカメが壊れてしまうリスク回避には仕方のないデジカメの現状です。

Panasonic 防水
デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) FT1 ソリッドシルバー
Panasonic 防水
デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) FT1 サンライズオレン

防水機能のない通常デジカメはシャッターチャンスを逃しています

デジカメを使用している方は大変多いかと思いますが、デジカメで撮影した画像を見た時
どのシーンで撮影した画像が一番きれいで良く撮影できているでしょうか?

おそらくアウトドアシーンで撮影した画像がきれいに良く撮影できているのではないかと
思います。つまり屋内撮影より、屋外撮影シーンの方がカメラ撮影には向いているので
す。これは光量と被写体のコントラストが屋内と屋外とでは異なることから発生します。

しかし、いくら屋外撮影が撮影環境に適しているからと言っても、前述したように通常の
デジカメには、「防水」「防塵」「防汚」「衝撃」といった機能は備わっておりませんから、
この通常のデジカメで雨天の中、強行して撮影したり、まさか海中撮影を試し見る方は稀で
しょう。

実はこの撮影環境に影響されてしまう、従来のデジカメを使用することで、
シャッターチャンスを確実に逃している結果を招いていることをあなたはご存知ですか?

これは一般のデジカメユーザーだけはなくプロカメラマンにもいえることですが、デジカメ
が精密機器であり、1台数万円から数十万円という高価な機器である以上、デジカメを壊し
てはいけないという、デジカメに対する扱いを優先してしまうから起きる現象です。


良い画像、きれいな画像を撮るタイミングはほんの一瞬で訪れます。

プロカメラマンでも数百枚、数千枚に1枚良い画像が撮影できるかどうかと言われる位に
環境と被写体の一瞬のタイミングで確定されています。もちろん私たちはプロカメラマン
ではありませんから、一度に数千枚の画像を撮影することはしないでしょう。

通常数十枚から百枚程度のなかで良い画像を選別する訳ですから、
デジカメを使用する場合、環境を選ばず広範囲に撮影できることはとても重要な要素です。
下記に撮影を邪魔する従来デジカメの要素を書き出しました。

≪撮影を邪魔する要素≫
■雨がポツリと降り注ぐ雨天時の屋外での撮影
■海辺やプール際での水しぶきを気にする撮影
■突風で砂ホコリが立ち上がる中での撮影
■汚れた手でカメラを構えた際の撮影

■もちろん濡れた手での撮影もできません
■高額であるが故の慎重な扱い


デジカメでの撮影を邪魔する要素はまだあるかと思いますが、上記のようなよくあるシーン
で写真撮影ができない、またはカメラ本体を気にして撮影するといった状況では、
確実にシャッターチャンスを逃していることは間違えありません。

■水辺で遊ぶ子供さんの一瞬の表情も逃してしまいます
■運動会で砂ホコリがピューッときたらシャッターチャンスを逃します
■スクープを見つけても、手が濡れてていたら撮影できません
■旅行先で突然の雨、シャッターボタンを押す回数が減ります


従来のデジカメでは、撮影環境に左右されてシャッターチャンスを逃していることが多く
あるのです。こんなとき防水デジカメがあればと思いつく訳です。

SANYO 防水デジタル
ムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8 ブラック
SANYO 防水デジタル
ムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8 ホワイト

防水デジカメにすれば、水に弱い精密機器の弱点を克服できます

防水デジカメは今に始まった機能ではなく、以前より防水仕様のカメラはありました。
防水仕様というよりは、防水カバーを付けるカメラといったほうが正確な表現です。
いわゆるダイビングなどで使われるプロテクターカバーに覆われたオプション品でして
決してコンパクトで使いやすいと言えるものではありません。

しかし最近の防水デジカメはカメラ本体そのものに、防水加工が施された設計になって
おり、防水機能の他、防塵、防汚、耐衝撃性能まで追加させた防水デジカメが続々と
発売されています。

海辺やプールの水際はもちろん、水中撮影も可能なのでシュノーケリング程度の用途
ではれば問題なく使用可能になりました。 また防水デジカメには防塵仕様になってい
る機種が多くありますので、砂浜での撮影中も砂害を気にしなくても使用できるように
なっています。

≪防水デジカメで広がるシャッターチャンス≫
■水辺で遊ぶ子供さんのはしゃいだ笑顔もパチリと撮影できます
■水中撮影が可能ですから、他にはない差別化した写真が撮れます
■防塵処理が施されていますから、砂浜でも安心してシャッターが切れます
■砂ホコリが舞う運動会の校庭でも我が子のベストショットが狙えます
■旅行中の突然の雨でも気にせずシャッターが押せます
■耐衝撃仕様の防水デジカメは、山登りにも活躍します


このように防水デジカメという機能が追加されただけで、デジカメの欠点が
かなり改善させる結果になります。 防水デジカメのメリットはルーズな使用
に絶えられる設計なので、シャッターチャンスは今まで以上に訪れることは
間違いありません。



もしデジカメが壊れてしまったり、今ご利用中のデジカメに不満を感じるので
あれば、一度は防水デジカメを使われてみては如何でしょうか?

SANYO 防水デジタル
ムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8 ブラック
OLYMPUS 防水デジ
タルカメラ μ1030SW (ミュー) メタルシルバー μ1030S

スポンサードリンク

Panasonic 防水
デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) FT1 ソリッドシルバー
www.bbb0292263.net
OLYMPUS 防水デジ
タルカメラ μTOUGH-6000 ホワイト μTOUGH-6000
www.papillon6208.net
SANYO 防水デジタル
ムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8 ブルー D
yuhu86368.net
SANYO 防水デジタル
ムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8 ホワイト
hamutaro728.biz